事業案内

食品物流分野

強く、軽く、そして断熱する保冷容器のスペシャリストの発泡スチロール。
生産者から食卓まで、鮮度保持はあらゆる食品の「おいしさ」にとってとても大切な事です。発泡スチロールは毎日の食べ物を新鮮に、また安全にお届けする容器として役立ち、温度管理運送による鮮度保持は食品流通の常識となっています。

保冷コンテナ

発泡スチロール製コンテナは、他の素材では不可能な断熱性を持っており、さらに蓄冷剤と組み合わせることにより確実な温度管理をすることができます。魚・肉・野菜・果実・乳製品・加工食品そして飲料など、あらゆる食品の保護、物流にコンテナは役立っています。

photo

photo

photo

ページTOPへ戻る △

建築分野

建物の断熱材は交換しづらいため長期にわたる性能の担保が重要となります。その長期的な性能として重要なのは、断熱性能の維持です。発泡スチロールはその断熱性能が長期的にほとんど変化しないことが実証されています。

使用例

photo

壁材

photo

床材

photo

屋根材

建築分野では、軽量、断熱の特性を生かした難燃性発泡スチロールが住宅の屋根、壁、床へとさまざまな形で利用されております。ボード状断熱材だけでなく曲面・凸凹などに加工成形した商品も数多く流通しております。

ページTOPへ戻る △

緩衝材分野

デリケートな機械をやさしく包み軽くてしなやかな発泡スチロールの最も得意とする仕事が緩衝材分野です。
さらにユーザーのニーズにきめ細かく対応するために、新しい素材、新しい成形技術に意欲的に取り組んでいます。

電化製品の緩衝材

photo

複雑化、精密化していくOA機器。耐衝撃性はもとより、導電性、防塵性、経済性、また使用後の環境問題やリサイクルの立場からも梱包材は、ますます要求品質が厳しくなってきています。
こうしたユーザーのニーズに当社が的確にお応えしていきます。

ページTOPへ戻る △

土木分野

発泡スチロールは盛土材、型枠材などとして、その特性を生かして様々な形で使われています。日頃目立たない部分ですが、厳しい性能が要求され、私たちの生活をしっかり底から支えてくれています。

photo

photo

photo

軟弱地盤上の盛土

photo

盛土材を発泡スチロールで置き換えることにより、盛土荷重が減少し、基礎地盤の沈下が軽減されます。

構造物の埋戻し

周辺荷重、側圧を低減できるため、基礎地盤の沈下はほとんど発生せず構造物への影響は少なくなります。

photo

橋台の裏込め

photo

橋台背面の裏込め材を発泡スチロールで置き換えることにより、基礎地盤の沈下が少なくなり、橋台との段差はほとんど発生しません。また、橋台への側圧の低減が図れます。

ページTOPへ戻る △

機能性分野

ユーザーのニーズにきめ細かく対応するために、新しい素材、新しい成型技術に取り組んでいます。

ロボット用トレー

photo

収縮性が低く寸法精度があるため、様々な業種で推進されている自動生産システム化に不可欠のロボット用に開発されたパーツ搬送用トレーです。

ロストフォーム

photo

発泡スチロールの製品模型を乾燥した砂の中に埋設し、そこに溶けた金属を流し込むことで、発泡スチロールが溶けた金属と置換し、製品模型通りの鋳物が完成します。複雑で寸法精度に優れた鋳物の生産が可能です。

天井エアコン断熱

photo

軽量で断熱性に優れた発泡スチロールは天井埋め込み型等のエアコンに構造材として使用されています。

お問い合わせはお気軽に

TEL.054-622-9011

メールでのお問い合わせはこちら

ページTOPへ戻る△

HOME発泡スチロールを知る事業案内新たな挑戦造形技術生産設備製品紹介会社案内理念・方針お問い合わせ