発泡スチロールを知る

環境安全性について

発泡スチロールの燃焼について

発泡スチロールの主成分は、炭素と水素です。完全燃焼すれば『炭酸ガス(CO2)』と『水(H2O)』になり、ダイオキシンなどの有害ガスは発生しません。ただし、他の素材と同様に酸素不足により不完全燃焼となった場合には黒煙(スス)や一酸化炭素が発生します。廃棄する際は市区町村の分別基準に従ってください。

photo

発泡剤にフロンは使用していません

発泡スチロールの原料ビーズには、膨らませるための発泡剤(ガス)が含まれています。その発泡剤は、ブタンやペンタンなどの炭化水素製品で、オゾン層に影響を与えるフロンは、EPS(ビーズ法発泡スチロール)の生産では過去に一度も使われたことはありません。

photo

ページTOPへ戻る △

省エネルギー性について

発泡スチロール製品は、98%が空気であり原料である石油は2%しか使われておらず、地球の大切な資源を有効に活用しています。
また断熱性に優れたEPS建材を住宅建材として使用することにより、冷暖房効率を上げ、エネルギーの消費を抑えることで、温室効果ガスであるCO2の発生を抑制する効果を発揮したり、食品容器として使う事により食品の鮮度を維持し食材の無駄を少なくするなどの副次的効果もあります。
EPS(発泡スチロール)は、省エネルギー、省資源に大きな貢献をしています。

EPS建材が生み出すCO2削減効果

戸建て住宅で、30年間断熱材(EPS建材)を使用した場合、断熱材を使用しない戸建て住宅(無断熱住宅)と比較して、一戸あたりのエネルギー消費量は760,781MJ、CO2排出削減量は47,148kg-CO2となり、EPS建材を使用することで、1年間で1戸あたり1,571kg-CO2のCO2排出削減量となります。(札幌での検証結果)

photo

お問い合わせはお気軽に

TEL.054-622-9011

メールでのお問い合わせはこちら

ページTOPへ戻る△

HOME発泡スチロールを知る事業案内新たな挑戦造形技術生産設備製品紹介会社案内理念・方針お問い合わせ