製品紹介

製品についての紹介

メナックはEPS(発泡スチロール)の新たな分野に進出します!

EPS(発泡スチロール)は軽くて加工が簡単ですが、その「脆さ」が欠点といわれていました。しかし、当社ではこのEPSを芯材にし、強固な物と過熱癒着する新技術を確立。
PC・PP・PEシート・フェノールを樹脂版・鉄板・アルミニウム・ステンレス・ガーボン等、様々な素材と合体させた 「メナックGボード」を使って、次々と新商品を開発しています。

「G」に込めた意味

photo

Gゲート

完全オーダーメイドの門扉。メールボックスを取り付けることもできます。土台を埋めて固めるだけなので、ご家庭でも設置できます。全国配送可能。

photo

Gウォール

地震がきても倒れない!軽量で施工が簡単、装飾も自由、お手頃で丈夫な塀です。

安全性

Gウォールの重量はブロックの約5/1以下と軽量であるため、強震度の揺れにも耐震性を発揮し(起震装置テスト済み)二次災害を大幅に軽減できる為、安全性に優れています。

加工自由

Gウォールの素材は「難燃性のEPS(発泡スチロール)樹脂」を使用しています。その為、従来では困難だった穴あけや切り込みが自由にでき、建物に合せて個性的表現が可能になりました。

低コスト

Gウォールでは塀構築費用の低コスト化を実現することができました。難燃性EPS樹脂は、軽量であるため作業の効率化が図れ、当社独自のパネル方式を採用することで工期が大幅に削減できました。

photo

photo

ご満足いただくための「塀」をつくるために、壁面の色や加工は、お客様のご意見・ご要望を伺い多種多様なバリエーションの中からご提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはお気軽に

TEL.054-622-9011

メールでのお問い合わせはこちら

ページTOPへ戻る △

製品化の紹介

このガレージ、実はぜ~んぶEPS(発泡スチロール)でできています!

photo

壁も屋根もすべてEPSでできてるこのガレージ。素材としてのEPSの可能性を感じ取っていただけるのではないでしょうか。サイズや形など、どんなオーダーにも対応できます。

ガレージの他にも、EPS(発泡スチロール)でいろいろなモノを作っています。

各種オブジェ
EPS(発泡スチロール)は加工が簡単なので、どんなオブジェも自由自在に作成できます。

photo

photo

盛土

玄関アプローチの敷石の土台も作成できます。

photo

門柱

EPS(発砲スチロール)を芯材にしてまわりに装飾を施した門柱です。

photo

photo

EPSハウス

株式会社小野田産業 開発商品 家族憩いの場「SAM」

photo

photo

津波用シェルター

photo

火山用シェルター

使い方を一部紹介します!

photo

お子様の遊び場に

photo

ホームシアターに

photo

家族でゲーム

photo

趣味部屋に

photo

プラネタリウムを鑑賞

photo

ペットの遊び場に

素材は「難燃性発泡スチロール」
軽量

発泡スチロールは98%が空気でできているため、とても軽く浮遊力があります。

緩衛性

発泡した粒同士が密着して形成されているのでクッション性があり、外部からの衝撃を和らげます。

断熱性

家の断熱材としても使用される断熱性に優れた発泡スチロール。室内を快適な環境に保ちます。

内・外装は「衝撃に強いポリウレア」

米軍でも使用されている衝撃に強いコーティング材。「ポリウレア」でシェルター全体を塗装しました。

内部のご紹介

photo

①被災時にはベッドに変身!

エコノミー症候群を防ぎます!              

photo

②LED照明(天井)

photo

③放熱システム

LED照明の熱を外へ逃がします。

④換気システム

空気を循環させ室内を快適な環境に保ちます。

⑤ハンドル付テーブル

津波にのまれた際には、このハンドルにつかまり衝撃に耐えられます。

⑥収納庫(保存食・毛布)

椅子の下はペットボトルが100本以上入る大容量の収納庫になっています。

⑦バッテリー内蔵

常に400whの蓄電がされています。

⑧コンセント

通常時も非常時も使用可能です。

⑨外部接続プラグ

通常時は外部から電源を供給します。

⑩緊急脱出口

緊急時はここからも脱出できます。

⑪赤色灯

非常時に発光することで自分達の位置を知らせます。

⑫水抜き穴①

横転して水が室内に入ってもここから外へ出ていくので沈みません。(4箇所)

⑬水抜き穴②

横転して水が室内に入ってもここから外へ出ていきます。(6箇所)

⑭アウトリガー

SAMの浮力とバランスを保ちます。

※2017.05.24現在試作品の為、実験結果により多少の変更が見込まれます。

お問い合わせはお気軽に

TEL.054-622-9011

メールでのお問い合わせはこちら

ページTOPへ戻る△

HOME発泡スチロールを知る事業案内新たな挑戦造形技術生産設備製品紹介会社案内理念・方針お問い合わせ